みなさんは、2017年にどんな商品やサービスが人気が出ると思いますか?私はいわずもがなドローンですが、こういうランキングには大変興味があります。ご紹介するのは、2017年にヒットしそうな商品を博報堂生活総合研究所が発表したものです。その中にドローンがランクインしていたため、ご紹介しようとおもいます。

 

2017年ヒット商品・ドローン4位に輝く

さて、2017年ということで段々と2020年の東京オリンピック近づいてきて、近未来的な商品が次々に現われてもおかしくないなと思っているのですが、どんな商品がランクインするのでしょうか?結果は以下のようなものになりました。

1 自動車運転システム搭載車
2 AI(人工知能)技術
3 格安スマホ
4 ドローン
5 ネットスーパー
6 ふるさと納税
7 電気自動車
8 インスタグラム
9 訪日外国人観光客
10 仮想現実(VR)
11 USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)
12 暮らしの支援ロボット
13 自動翻訳技術
14 企業のポイントサービス
15 イートインスペースのある店
16 loT(lnterret of Things)
17 空き家リノベーション
17 民泊
19 スーパーやコンビニのPB惣菜
19 シニア向け家電
21 シェアサービス
22 電子書籍
22 AR(拡張現実)ゲーム(ポケモンGOなど)
24 テレビ番組の見逃し配信
24 おしゃれ駅ナカ
26 ワイヤレススピーカー
26 写真加工アプリ
26 電動アシスト自転車
29 在宅勤務
30 4Dシアター

ドローンは堂々の4位にランクイン。予想通りですが嬉しい結果です。むしろ4位ではまだ下すぎるのではないかと思うくらいですが、実際世間の浸透度と期待度的には、こんなものなのかなとも思います。まだ浸透してきたといっても、ドローンは民間人が生活に欠かせないものになるほどではありませんからね。数年後にはこんなランキングに乗れないほどヒット商品になっていると思います。

予断でこんな話も

ランキング上位にはいっているほかの商品もみてみましょう。1位の自動車運転システムや2位のAI(人工知能)に関しましては、かなりドローンとも深い関係をもっているといえます。自動運転はドローンにとっては、危険回避機能の充実や、無人ドローンとしては必要な機能の一つですよね。
AIに関しては言わずもがな、ドローンで既に活用されている技術でもあります。
結局のところ、これから人々から期待されているはデジタルAI化ということがみてとれます。これからはどんどんと人間が出来る仕事をマシーンが奪っていく時代になるでしょう。私もその波に押し流されぬよう、新しいことに挑戦する心をわすれないようにしなければなりません。