あえて触れなかったこの話題。ドローンは世間を騒がす様々な事を起こします。官邸屋上にドローン墜落事件や、中学生がドローンで悪戯を行ったり。しかしこれらは間違ったドローンの使い方です。きちんとした使い方をしているドローン操縦士からすると、これらの行為は非常に残念にほかなりません。

個人のドローンは破壊には適さない

軍事用ドローンは大型でテロや荷物を運んだり、悪さをしようとたくらめば、色々な方法があることに気付きますが、家庭用のドローンではほとんど積載は無理です。しかしそんなドローンの悪用方法としてよく思いつくかれてしまうのがこの盗撮です。今の時点ではドローンは騒音が酷すぎて使い物にならないかもしれませんが、静音技術が進歩するとこれらも可能になるかもしれません。
ドローンに対する悪用は、ドローンレンタルサイトを運営している私としては非常に残念です。上記で説明しているように、放射能物質を運ぶなんてもってのほかです。

よりドローンを飛ばしにくい環境にも

現時点でのドローンでの盗撮に関する法律はありませんが、これが原因での逮捕者がでると、各都道府県で、さらに規制が厳しくなるでしょう。
ドローンに対する目はすでに良いものだけではなく、これ以上ドローンに対するイメージを低下させるのは避けたいところです。みなさんも、ドローンの悪評ではなく、正しい使い方でドローンを広めていっていただきたいと考えています。