産業用ロボットの最先端を行くスカイロボットは東京大学と共同研究を開始しました。研究学科としては東京大学大学院工学系研究科の航空宇宙工学先行 知能工学研究室です。「人工知能技術の一つである確率推論技術を応用した探索アルゴリズムの 研究開発」の技術を進化させる予定だそうです。

人工知能の確立推論の応用

人工知能により、複数のドローンが受信した位置情報から探索者情報を精密な情報を導きだすことが可能です。GPSに頼らないシステムとして期待されており、災害時や非難時に行方不明になった救助者を探すのに役立ちます。また将来的には警備システムとして活用することも検討されています。