みなさんはドローンレースに興味はあるでしょうか?ドローンレースはFPV(一人称視点運転)のそのスピード感とLEDで装飾された美しいレース場が魅力です。しかし日本ではレース場を個人で確保するのはそうとう難しいため、レース場を確保する必要があります。住んでいる場所によっては近くにドローンレース場がある場合もあるので検索してみましょう。

ハウステンボスのドローンレース

今回紹介するのは長崎のハウステンボスで開催されるドローンレース『ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス』です。長崎県のハウステンボスと言えば、ヨーロッパの町並みを再現し、そこにLEDライトが壁面や城を明るく照らして、非常に綺麗なことで有名ですが、今回夜間におけるLEDコースのライトアップが日本で始めて実現したのがこの『ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス』です。
開催日は2017年2月を予想しており、綺麗なライトアップに囲まれて、観光地でのドローンのレース話題性もありは大いに盛り上がることでしょう。

今回参加するチームは一般参加エントリーも募る

今回のドローン・チャンピオンシップには、FPVレーシング部門と目視飛行レーシング部門があります。招待選手につきましては、世界最大のLEDイルミネーションを活かしたFPV長距離コース。全国ドローンレース選手権で上位10位の選手が参加。目視飛行レーシング部門は昼間に行う目視で確認しながら行うレースです。目視出来る範囲はせいぜい30メートル程度なので、中距離のレースになります。観覧は自由で、一般のドローンレーサーも参加可能なのでふるって参加いたしましょう。

レース以外にも空撮部門も

ハウステンボスのすばらしいイルミネーションを、空撮を得意分野としたドローンで撮らない手はありません。レース以外にも空撮ですばらしい映像を撮影し、加工を行った上でコンテストを行います。どんな作品になるか楽しみですね。

主催:ハウステンボス,Japan Drone Racing Association
後援:佐世保市
協賛:KDDI NICONICO NAS
技術協力:YAMAHA TMC
運営協力:Dronemotion

http://www.huistenbosch.co.jp/event/jdrone-champ/