ドローンを飛ばしたい。そう考えれば考えるほどその場所にはこまるものです。都内のほうだと、ドローンを飛ばせる場所は限られているため、どうしても専門の施設がないと困る事が多いです。特にレースをする場合はFPVを見ながら操作するのが主流で、なれてない場合は墜落事故が多いのが難点です。またドローンの場合地面をはしるラジコンと違い、レースを行うためには専用のフレームや、FPVの状態からでもコースをハッキリと視認できるような施設である必要があります。そうなると、レース会場に出来る場所は専用の限られた場所でなければなりません。
今回日本ではまだまだそういったドローン施設が少ないなか、ドローンレース専用の屋内施設として注目されている、埼玉市の「ACRO+(アクロプラス)」をご紹介します。

アクロプラスで爽快レース

ドローンレースはそのスピード感が魅力のレースであり、本格的な施設であれば盛り上がること間違いなしなレースです。アクロプラスはそういったドローンレース専門の施設になっており、レース場は役1万8000個のLEDにより明るく照らされて、ドローンレースを行いやすいように工夫をこらしてあります。またFPVによりレースを行う際にはドローン操縦者の見ている操縦画面が、アクロプラスに設置された50インチもの大型スクリーンに映し出して、観客にもそのスピード感が伝わりやすい工夫もされています。

初心者にも優しい研修や操縦訓練も

ドローンレースは本格的なものになると、レース用ドローンを自分でカスタマイズしたりしるため、初心者にとって若干ハードルが高いのも事実。しかしこのアクロプラスでは初心者にも優しく操縦訓練、夜間飛行のフライト練習や気になった事にキチンと教えてくれるインストラクターがいるので、フライト初心者にも安心です。ドローン施設の需要はこれからも広がり、本格化する可能性は大変高いです。みなさんもぜひドローンレースを行うならアクロプラスにいってみてはいかがでしょうか?

「アクロプラス」
埼玉県さいたま市岩槻区笹久保新田352
http://www.itabashi-shouten.co.jp/rc/index.html