みなさんはマリンスポーツは良くいかれますか、ヨットやサーフィン、スキューバーダイビングや海で行うスポーツのことですが、私自身はサーフィンはすこし興味があるが、なかなかハードルが高いため手を出せずにいます。今回ご紹介するのはそんなマリンスポーツと、ドローンを融合した「ドローンサーフィン」です。今や様々な方法でレジャーにも取り入れられつつあるドローンは、「ディズニーがドローンパレード特許取得」や「ドローンで花火大会空撮」を見て貰えればドローンの活躍は分かると思います。今回紹介するドローンサーフィンも最高にクールで爽快なマリンスポーツとして、みなを楽しませる事間違いなしです。

人を引っ張るのは船ではなくドローン

ドローンサーフィンの特徴は、ドローンがたらした紐をボードの上に乗る男性がもってそれ以外なにもないということ。水の上を爽快にドローンがひっぱってくれます。操縦士はほかにいるみたいですが、ドローンの自動化は今では当たり前のようになっていますので、近い将来、自分で決めたコースをボードにのって引っ張って貰うことも可能になるかもしれません。

引っ張るドローンは強力な八枚羽

シアトルに本拠地を構えるFreefly Systemsという会社がこのドローンサーフィンを考案しました。人を一人引っ張るにはそれなりに強力な力が必要で、ドローンは何と8枚羽の強力なパワーを持ったドローン。それに加えドローンには最新の撮影器具も取り付けられ重さはなんと12kgまで達します。ただし速度は船に引っ張ってもうらのとほんの変わらないのと、船では不可能な浅瀬でもドローンは引っ張る事が可能なので、そこは大きなポイントとなりそうです。

今は少々お値段が張るかも…

このドローンサーフィンは、船をかりなくてもいいから、安く済むのかと思いきや、今現在は試作段階ということで、必要な機材はなんと約179万円。なぜこんなに高いのかと思うでしょうが、ドローンは重くなればなるほど基本的には高くなります。実際これはお値段的に簡単に挑戦出来る値段ではありません。
ですが、これは機材代なのでレンタルが可能になれば、もう少し安くなるでしょう。それに現時点での値段は、ドローンサーフィンが本格的にレジャーなどに取り入れられた場合、さらに少し安く抑えられるのではないかと思っています。
ドローンサーフィン、動画を見る限りすごく楽しそうです。流行ってもっとお手軽にたのしめるマリンスポーツとして定着するといいですね。