みなさんはドローンを買うとき、どのメーカーのドローンを購入するか検討するでしょうか?多くのユーザーはドローンを購入するさいこれらの製造メーカーについて考えることでしょう。しかしどの業界でもその分野で秀でたノウハウや知識を持っているメーカーがいます。ドローンは一体どうでしょうか。世界のドローン事情は日々変わっていっていますが、ドローンシェア三大メーカーは安定した三社が占めています。今日はこれらの三大メーカーについてお話しようかなと思います。

世界三大ドローンメーカー

ドローンを製造しているメーカーは数え切れないほどありますが、その中でもとりわけ人気が高いドローンメーカーは三社です。1つ目は「DJI」、2つ目は「Parrot」、3つ目は「3D robotic」です。それぞれのメーカーに得意な部分があり、その得意分野を活かすことで現在の人気メーカーになったのです。この三つの企業だけで8割のシェアを占めることから、どれほどの人気があるのかわかりますね。

ドローンの王者「DJI」

中国の広東省深圳に本社を構える会社で、ドローンの世界シェアNO1の企業です。phantomシリーズをはじめとする高性能ドローンを安定した価格で提供しているのが特徴です。他に提供しているシリーズは「MAVICシリーズ」「INSPIREシリーズ」があり、ドローンに興味がある方なら一度は目にしたことのあるドローンばかりだと思います。そしてなんとDJIは、世界のドローンシェアを7割を占めています。つまり8割中7割がDJIによってまかなわれているということです。今のところDJIはドローン界では一強です。

強さの秘訣はDJIの開発力にあるといわれており、中国が本社を構える広東省深圳は、アメリカにあるシリコンバレーの中国版のようなもので、通常3ヶ月で行われる技術開発がここでは、1週間で行われると言われている。驚異的なスピードです。実際にも、企業がインフラ整備のために利用したり、警備用のドローンとして採用されたりと、DJIのドローンの技術力は多くの企業が認めています。

 

ドローンのおしゃれ担当「parrot」

フランスに拠点を置くparrotの紹介です。ドローンが話題になる前に、ドローンの火付け役となったのが、このparrotが製作するAR.Droneです。AR.Droneは長い歳月をかけて完成したドローンで、当時にしては珍しく、高度なジャイロセンサーが内蔵されていることで安定した飛行や、小型カメラによって美しい映像を見れる、ということで人気が爆発。世界中で大ヒットしました。AR.Droneはその美しいフォルムが印象的で、ドローン界のおしゃれ担当といえばparrotかなと思います。元々parrotは通信機器のメーカーだったのですが、いち早くドローン事業に目を付けたため、AR.Droneの結果があったようです。


そしてAR.Droneの後続機として発売された「Bebop」もAR.Droneのおしゃれさと操作性のよさをひきついでおり、小さい航空機みたいなドローンです。とても可愛らしい見た目をしており、見た目へのこだわりがうかがえます。

しかし現在、parrotはドローンのシェア拡大には少々手こずっているようで、DJIとのドローン合戦には苦戦しているようす。parrotはどちらかといえばホビー路線のドローンの開発を中心におこなっており、プロ用ドローンのDJIと比べると、ホビードローンのラインナップを揃えているのが特徴です。

二つの企業の行く末は?

ドローンを制するものは世界を制する。個人的にはそうおもっています。今後二つの企業のドローン合戦がどうなるかはわかりませんが、今後世界でのドローンの立ち位置は大きく変わることでしょう。現在でも充分に話題に上ることが多くなってきましたが、まだまだ下火だと考えています。さらにドローンは開発競争が激化しているのも事実。DJI一強の時代が永久に続くわけではありません。これからのドローン業界から目を離せません。