みなさんは、CESとよばれる展示会のことはご存知でしょうか?一年に一度、世界の先進技術を集めたマシーンが集合するグローバルな展示会で、CES2017の会場には他にもドローンに関する商品が多く展示される。ドローンは今各国が、これからの将来に大きく期待しているマシーン。それに関連した商品が展示されるのは自然なことでしょう。今回注目された驚きのドローン車は、Merceds-Benzが展示するドローン配達車です。これも以前紹介した「ドローン空母飛行船」を彷彿とさせる、ドローンを目的地まで無駄なく配送するために作られた車である。

メルセデス・ベンツとドローン

メルセデス・ベンツと言えば、高級車のイメージリーダーともよばれ、ベンツが販売する人気モデルである。実際日本での輸入高級車の二大巨頭と言えばドイツのメルセデス・ベンツとBMWである。今回CES2017で紹介されたメルセデス・ベンツは、ドローンを屋根の上部に複数設置することができ、無人運転で目的地近辺までドローンを運んぶ。さらにそこからドローンはワゴン車から荷物をうけとると、目的地をめざして出発する仕組みだ。車は常に12マイルの範囲に基地を置くようになっており、減少したバッテリーの交換も行う。

専用のデザイン


今回設計されたドローンとともに運用される、ベンツは専用のデザイン。未来をイメージしたデザインで、前面にはインテリジェントのLEDディスプレイを完備。中のドローンの様子は見えないよう工夫されている。このLEDディスプレイには左右に曲る場合や、注意喚起が必要な場合など、状況に合わせて表示される仕組みのようだ。さらに、車体の後部には積載用のラックが備え付けられており、そこに荷物を載せて運送する。この荷物の位置は車にプログラムされており、ドローンに荷物を載せかえるためのアームが備え付けられている。

ドローンの新たな可能性を示す

現時点では、Mercedes-Benzは製品化の予定はない。とのことだが、ドローンの新たな可能性という意味では、我々に驚きと感動を与えてくれている。将来ドローンがこれらの車にのって、荷物を運んでくる未来があるのかもしれません。