このごろはニュースや災害現場の空撮映像はヘリからドローンへと変わりつつありますが、あれらの操縦は全て人が行っています。つまり無人とはいっても、操縦士が離れたところにいる。というだけで完全に自動で飛行を行っているわけではありません。アマゾンが大きく打ち出した、完全自動化とはまた違った操縦方法です。しかし近年発売されるモデルには、それに近い機能を搭載していたりします。あらかじめ設定したルートを決まった速度で飛行してくれるのです。そういった飛行は操縦士はノータッチで行うことができるため、ドローンの進化には驚かされます。

ドローンを使った自動操縦は、物流革命といっても過言ではありません。最近はヤマト運送が人手不足に悩み、運賃値上げに踏み切ったニュースも記憶に新しい。こういった問題を解決するのはドローンかもしれません。

しかし、こういったドローンの完全自動操縦は一体どうやって実現しているのか、疑問におもいませんか?今回紹介するのは、自動操縦の仕組みや利便性について、紹介していきたいと思います。

ドローンの本来の姿に近づきつつある

ドローンは電波をつかって制御します。ラジコンのようなものと考えていただければわかりやすいですね。しかし実際のラジコンヘリとは大きな違いがあり、ドローンというのは本来「自動制御による無人機」というのが正しい認識です。ですから、今無人ではなくラジコンのように飛行しているドローンは、どちらかといえば本来のドローンとは離れた姿なのです。

近年の発売されたドローンには、自律制御システムが備わっており、遠隔操作が可能で、自動操縦化はドローンの本来の姿へと近づいていっています。近い将来「人の手で操作するドローン」と言うのは古いイメージになるのかもしれません。

自動操縦の仕組み

自動運転の肝となるのが、GPS(Global Positioning System)全地球の測位システムとよばれ、衛星を利用した元は軍事用のシステムです。このシステムを利用し「ドローン自身が今地球上のどこにいるのか」「目的地はどこなのか」を把握します。現在発売されている高性能ドローンにはほとんどがGPSを利用した自動操縦システムを搭載しています。

搭載された機能にはGPSと地図を組み合わせて、地図上にポイントを指定し、ドローンの飛行ルートを設定をおこないます。これにより自動操縦をおこないます。ドローンにはさまざまな機能が搭載されており、飛行ルートの指定のみならずカメラの向き、高度などの指定もでき、個人でも充分に自動操縦を簡単に扱うことができるのです。

飛行中はリアルタイムで、手元のディスプレイにそれらの映像が映し出されており、今ドローンで撮影している風景や、周りの環境を確認する事ができます。これにより自動化を行ったあと、緊急時にもすぐに対応することができるのです。

中にはGPSを利用しないドローンも

ここまではGPSを利用したドローンの自動操縦についておはなししましたが、GPSも完全ではありません。GPSでも充分に精度は高いですが、飛行している場所の細かい物や建物などを正確に把握するにはまだ少したりません。室内や施設の中、特殊な地形ではどうしてもGPS電波が届かないことが有り得るのです。それらの問題を解決するためには、GPSの届かない場所でも位置を把握したり、障害物を把握する必要があります。現在発売されているモデルにもGPS以外を利用し、周囲環境を検地することに精度を重視したモデルもあります。それらのモデルは前後左右の4箇所にセンサーを設置することによって、障害物などを自分で把握して避けてくれるのです。

他にもGPSを利用しないものがあります。レーザーなどによって周囲の環境を3D地図に置き換えて、それに応じた飛行を行うのです。こうすることによって、GPSではなしえなかった、周囲の環境をも考慮した自律飛行を可能にしたのです。

現在も進化を続けるドローン

ドローンは今まで当たり前だった常識を、塗り替えてしまう力があり、そのドローンの実力には目を見張るものがあります。今も新しい技術を搭載した新しいドローンが発売されており、ドローンの将来には期待せざるおえません。私達の生活の中にもドローンが自由に飛び回る。そんな未来がまっているのかもしれません。