どうもお久しぶりです。
最近はドローンの学校が設立されたり、専門のドローン教室が開いたりと、ドローンを教える側にも変化が現われてきているようなニュースがたくさんありますが、今回は特にドローンに特化している分けでもない学校が、ドローンを活用した授業を行っていることで、話題になっています。

智頭農林高校の授業でドローン

智頭農林高校の森林学科森林応用のコース三年生7人が、授業の中でドローンを使って校庭にある気の高さをドローンを使って測る実習を行ったそうです。智頭農林高校は7月にドローンを1台購入し、授業や地域の課題を解決したり、町内での演習、耕作放棄地の撮影を行い、活用方法を見出す試みを行いました。

 

実習内で30M以上の大木を測定

今回の実習では、30メートル以上ある校庭の木の付近にドローンを飛ばし、高さを測定しました。本来であれば専用の機器を使用して木の高さを測るのですが、従来の方法以外の方法に挑戦することにより、従来の機器をつかうより、どんなメリットやデメリットがあるのかなどが意見があがっていました。
中には、農林被害を与える鹿や猪の追跡にドローンが役立つのでは?という声もあげられており、これから現場で活躍していく生徒達に期待ができそうです。最先端の技術を使う事は、業界全体のリフレッシュや新たな技法の取り入れにも繋がります。智頭農林高校だけではなく、他の高校でもすこしづつドローンを活用した授業を行い初めていますが、ドローンをもっと積極的に取り入れてさまざまな活用方法を考えて貰いたいですね。

生徒たちから上がった意見も現実味

以前紹介した記事の「迷惑猿の撃退にドローン活用検討」でもご紹介させて頂いているように、実際に現場でもドローンを使った、野生動物の生態や群れの位置の把握など、ドローンを使って農作物を守る取り組みは既に行われ始めている。
まだ検討されてから実験段階にあるドローンだが、これからさまざまな取り組みにも、どんどん取り入れられていくと思われる。これからは様々な分野にドローンが活用されていくことだろう。ますますドローンの将来に期待が高まりますね。