映画007といえば、世界中の誰もが知るスパイ映画シリーズだが、今回その新作にドローンを使ったハイクオリティな映像が使われていると話題になっている。最新作「007 スペクター」ではドローンの高度な撮影技術を使って、007の世界観を余すところなく撮影している。現在では、ドローンは映画業界では必要不可欠なものになりつつあり、作品作りの重要な駒になってきています。

007だけではなく、さまざまな映画でも活用され始めているドローン。
最近ニュースでも、雪崩の現場や橋の映像など、今までならヘリを飛ばして撮影していたような映像をドローンが撮影を行っていることにお気づきでしょうか?このように今までヘリコプターを借りなければならなかったパノラマ映像などを、手軽に撮影できるようになったことで、膨大な予算をかけて撮影する必要がなくなったのです。
安価で空撮が撮れるようになり助かったのは、短時間の映像を撮影する観光客向けのプロモーションビデオや、テレビ番組の特集などがあげられます。私達、知らない間に確実にドローンは生活に馴染んできているんですね。


実際にドローンを使って撮られた映像がこちら