あなたは、世界最小と言う言葉にわくわくしたりしませんか?
私はどうしても、ワクワクしてしまいます。今日ご紹介するのは世界最小のドローンです。あなたはどんなサイズを想像しますか?
手の平サイズでしょうか?小指サイズでしょうか?どんなサイズでしょう?
なにあともあれ、みてみるほうが早いでしょう。今回は動画を準備したのでぜひ見てみてください。
きっと感動を覚えます。

世界最小でアクロバティック

SKEYE Pico Droneの操縦動画をみて最初に驚くのはその大きさももちろんですが、その機敏な動きです。今までホビードローンでもこれに似たサイズのRC(ラジコン)はありましたが、これほどまでに機敏な動きは見せてくれませんでした。
大きさ比較では大体500円玉程度ですね。本当にびっくりするほど小さいです。

SKEYE Pico Drone基本操作と仕様

2.2 x 2.2cmで、重量は7gです。電池は一度挿入すると交換は不可能で、スイッチは側面についています。操作方法としてはモード2です。海外産のドローンの為基本はMODE2ですね。

・飛行モードは三つあり、ピッチとロール角が低下しゆっくり飛ばすことが出来るビギナーモード
・ピッチとロール角の回転数が増してビギナーに比べて自由に動けるintermediateモード
・機体の方向を無視した高度な操作が可能なヘッドレスモード

またこの三つのモードとはべつに360度フリップが可能です。難しい操作はまったく必要なく、右スティックを押し込むだけで可能。とても簡単です。大きさからの期待値を大きく越えてくれるでしょう。

あと暗い場所での操作が可能なようにLEDライトが搭載されており、暗闇でも期待を見失うことはありません。

飛行性能はどう?

飛行性能としては、非情に高いです。トリムの調整が不必要で、真上にあがって、水平位置はほとんど下がらずにホバリングが出来ています。
プロポ(コントローラー)が若干使いずらいので、一定の高度を保つのが少々難しいですね。
そしてなんといってもサイズが小さいのは最大のメリットです。室内でも自由に飛ばす事は無風での飛行を可能にします。室内で、8の字ターンや360度フリップも余裕で可能です。
室内での飛行を楽しみたい方にとってはありがたいですね。

SKEYE Pico Droneの気になる値段

今の現時点で購入できる最安値は日本円で2700円。驚きの低価格。こういう小さいサイズのマシーンは、通常サイズより小さくなればなるほど、逆に値段が上がってしまうものですが、SKEYE Pico Droneは充分に低価格を維持できているとおもいます。
以前は日本で購入することができず、海外のショップからの購入しか不可能でしたが、今は日本語サイトでも購入することができます。
みなさんも興味をもったならぜひご購入ください。
SKEYE Pico Droneはあなたを満足させるとおもいます。