今日ご紹介するドローンは、とってもおもしろい機能や、機体に付いている顔がかわいいドローンです。ドローンといえば子供が夢中になれるおもちゃの一つですが、このParrot MAMBOは大人でも楽しめるドローンなのです。サイズは小さめですが、ついている機能が特徴的で、かなり責めているドローンの一つだとおもいます。飛ぶだけではない遊び心があるドローンです。

parrotのドローン

parrotといえば、DJIのドローンに負けず劣らずなドローンを展開しているドローンメーカーです。DJIはファントム、parrotの主力はBebopとよばれるドローンです。デザインが良い、色もかわいくて、ipadなどと組合せた場合の操縦は非情に優秀です。これは体育館などで、撮影するには最高の画質で撮ることができます。
でも体育館ではまだでかすぎますよね。家で飛ばすには丁度いい大きさのドローンでなければいけません。その点このparrotのMAMBOは丁度いい大きさで、家の中でも飛ばすことができます。

飛ぶだけじゃないParrot MAMBO

新型ミニドローンMAMBOは、カワイイ顔をしたドローンです。2016年の9月に日本でも発売予定になっています。屋内で飛ばすことを想定しているMAMBOですが、なんと面白い機能を備えています。なんとアームがついており、角砂糖などを運ぶことができるのです。友達などと遊んだり、子供達と一緒に何かをつかんでゲームなども可能です。
またMAMBOの魅力はこれだけに収まりません。なんとカスタマイズ可能なパーツの中に、弾を打つ機能が備えられており、上下・左右への旋回やフリップ(宙返り)も可能最大で時速29kmの速度で飛ぶ事もできます。これには大人も夢中になれる面白さがあるとおもいます。

「グラバー」弾を打つカスタム

「キャノン」物を持つカスタム

カメラはちょっと苦手なMAMBO

MAMBOに搭載されているカメラは20万画素で480×640、撮影するには少々物足りない画質です。内蔵の1GBフラッシュメモリに記録可能です。1万5000円という値段の中ではあまり画素数はよくない方です。ここだけは少し残念です。
しかしFPV(リアルタイム映像で操作)をする必要のないような目の届く範囲でしか操作しないミニドローンなので、撮影をメインにするつもりがなければどうと言うコトはないと思います。

小さい見た目でパワフルなカスタマイズ

小さい見た目で女性や子供にもオススメできるMAMBO。プレゼントや誕生日などでサプライズとして現われたらドッキリで大喜びしてくれるかもしれません。
皆さんもぜひMAMBOを買って遊んでみましょう。嵌る事間違いなしです。